運気を味方につける

風水で幸せになる屋根の色は?茶と緑の意味は?形や素材のおすすめは?

風水で屋根の色を決めようと思ったのですが、幸せになる屋根の色は何色なのでしょうか? 屋根の色で人気の高い茶色・緑色それぞれの風水の意味もチェックしてみましょう。 Dr.コパさんの風水を実践して約20年の私が、風水で幸せになる屋根の色や屋根の形、屋根の素材を調べてまとめていきたいと思います♪ もくじ 風水で幸せになる屋根の色は?茶と緑の意味は?その年のラッキーカラーや人気の高い茶色・緑色の屋根風水で幸せになる屋根の形は?とがった屋根の形平らな屋根の形大きすぎる屋根の形・小さすぎる屋根の形曲線のある屋根の形風 ...

続きを読む

運気を味方につける

2020年6月の運気のいい日は?風水で財布の使いはじめにおすすめの日は?

2020年6月の運気のいい日はいつなのでしょうか? どうせ行動を開始するのなら、6月の中でも運気のいい日に合わせたいですし、新しいお財布を使いはじめるのにおすすめの日から新財布に替えることで運気も味方につけることができます。 自分自身の運気をよくするために、運気のいい日を意識して行動していきたいですね。 もくじ 2020年6月の運気のいい日はいつ?2020年6月6日 芸事はじめ2020年6月15日2020年6月21日 夏至 新しい財布を使い始めよう!2020年6月30日 夏越の大祓(なごしのおおはらえ)2 ...

続きを読む

一流ビジネスマンの情報収集

2020年安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味は?コロナとの関係は?

安倍晋三内閣総理大臣は2020年4月中旬になると突如「緑の羽根」が胸元に付くようになりました。 「緑の羽根」はコロナと関係があるのか?という憶測も飛んでいるようですが本当の意味は何なのでしょうか? 気になったので、安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味を調べてみました! もくじ 2020年の安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味は?「緑の羽根」と「赤い羽根」の関係は?2020年安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」へのみんなの感想は?安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」は何かのアピール?安倍晋三内閣総理大臣 ...

続きを読む

運気を味方につける

2020年の土用の日・期間と間日(まび)まとめ!土いじりダメな日とできる日

土用の日、土用の期間は土いじりをしてはいけないと言われますよね。 土用の期間は、土の神様のが支配すると考えられていて、土いじりをする(土を動かす)ことを不吉なことだとする慣わしがあるからです。 2020年の土用の日、土用の期間をしっかりと確認して、土いじり、ガーデイニング、家の新築、家の増改築、地鎮祭などと重ならないよいうに注意しましょう。 もくじ 2020年の土用の日・期間と間日(まび)まとめ!2020年春の土用の日・期間と間日(まび)2020年夏の土用の日・期間と間日(まび)2020年秋の土用の日・期 ...

続きを読む

財布布団

財布の置き場所が金運UPのカギ!鞄に入れっぱなしはNG風水だから気をつけて!

帰宅後の財布の置き場所はどうしていますか? 風水を意識して財布は買ったのに、財布の置き場所を作らずに鞄に入れっぱなしなんてことはないですよね?!?! 帰宅しても財布を入れっぱなしにせずに置き場所を作る風水をして金運UPにつなげていきましょう! もくじ 財布の置き場所が金運UPのカギ!鞄に入れっぱなしはNG風水だから気をつけて!財布の置き場所、財布の保管場所の作り方は?鞄に入れっぱなしから卒業金運UPにつながる財布の置き場所・保管場所はここ!帰宅後にするだけで金運UPにつながる財布風水帰宅後の財布風水1:不 ...

続きを読む



あ・か・さ行

グンゼ株式会社

グンゼ株式会社の社名の由来を見ていきましょう!

 

会社名

グンゼ株式会社

 

会社の英語名

GUNZE LIMITED

 

社名の由来

グンゼ株式会社の社名の由来は…

創業者である波多野鶴吉(はたのつるきち)氏は、自身のふるさと、何鹿(いかるが)郡を、蚕糸業(さんしぎょう)で復興しようと強い志を持っていました。

 

この起業精神にもとづき、郡の基本方針という意味である「郡是(ぐんぜ)」を社名に掲げました。

 

明治29年の創業当時は、「郡是製糸」という社名でしたが、昭和42年に現在のカタカナ表記「グンゼ」に改称されました。

 

会社の創業

1896年(明治29年)8月10日

 

会社情報

グンゼ株式会社

登記場の本店:〒623-8511 京都府綾部市青野町膳所1番地

H.P.:http://www.gunze.co.jp/

-あ・か・さ行
-, ,

Copyright© 社名の由来 , 2020 All Rights Reserved.