運気を味方につける

風水で幸せになる屋根の色は?茶と緑の意味は?形や素材のおすすめは?

風水で屋根の色を決めようと思ったのですが、幸せになる屋根の色は何色なのでしょうか? 屋根の色で人気の高い茶色・緑色それぞれの風水の意味もチェックしてみましょう。 Dr.コパさんの風水を実践して約20年の私が、風水で幸せになる屋根の色や屋根の形、屋根の素材を調べてまとめていきたいと思います♪ もくじ 風水で幸せになる屋根の色は?茶と緑の意味は?その年のラッキーカラーや人気の高い茶色・緑色の屋根風水で幸せになる屋根の形は?とがった屋根の形平らな屋根の形大きすぎる屋根の形・小さすぎる屋根の形曲線のある屋根の形風 ...

続きを読む

運気を味方につける

2020年6月の運気のいい日は?風水で財布の使いはじめにおすすめの日は?

2020年6月の運気のいい日はいつなのでしょうか? どうせ行動を開始するのなら、6月の中でも運気のいい日に合わせたいですし、新しいお財布を使いはじめるのにおすすめの日から新財布に替えることで運気も味方につけることができます。 自分自身の運気をよくするために、運気のいい日を意識して行動していきたいですね。 もくじ 2020年6月の運気のいい日はいつ?2020年6月6日 芸事はじめ2020年6月15日2020年6月21日 夏至 新しい財布を使い始めよう!2020年6月30日 夏越の大祓(なごしのおおはらえ)2 ...

続きを読む

一流ビジネスマンの情報収集

2020年安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味は?コロナとの関係は?

安倍晋三内閣総理大臣は2020年4月中旬になると突如「緑の羽根」が胸元に付くようになりました。 「緑の羽根」はコロナと関係があるのか?という憶測も飛んでいるようですが本当の意味は何なのでしょうか? 気になったので、安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味を調べてみました! もくじ 2020年の安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味は?「緑の羽根」と「赤い羽根」の関係は?2020年安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」へのみんなの感想は?安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」は何かのアピール?安倍晋三内閣総理大臣 ...

続きを読む

運気を味方につける

2020年の土用の日・期間と間日(まび)まとめ!土いじりダメな日とできる日

土用の日、土用の期間は土いじりをしてはいけないと言われますよね。 土用の期間は、土の神様のが支配すると考えられていて、土いじりをする(土を動かす)ことを不吉なことだとする慣わしがあるからです。 2020年の土用の日、土用の期間をしっかりと確認して、土いじり、ガーデイニング、家の新築、家の増改築、地鎮祭などと重ならないよいうに注意しましょう。 もくじ 2020年の土用の日・期間と間日(まび)まとめ!2020年春の土用の日・期間と間日(まび)2020年夏の土用の日・期間と間日(まび)2020年秋の土用の日・期 ...

続きを読む

財布布団

財布の置き場所が金運UPのカギ!鞄に入れっぱなしはNG風水だから気をつけて!

帰宅後の財布の置き場所はどうしていますか? 風水を意識して財布は買ったのに、財布の置き場所を作らずに鞄に入れっぱなしなんてことはないですよね?!?! 帰宅しても財布を入れっぱなしにせずに置き場所を作る風水をして金運UPにつなげていきましょう! もくじ 財布の置き場所が金運UPのカギ!鞄に入れっぱなしはNG風水だから気をつけて!財布の置き場所、財布の保管場所の作り方は?鞄に入れっぱなしから卒業金運UPにつながる財布の置き場所・保管場所はここ!帰宅後にするだけで金運UPにつながる財布風水帰宅後の財布風水1:不 ...

続きを読む



一流ビジネスマンの情報収集

起業家と企業家の違いは何?1分で分かる簡単解説!

「起業」という言葉が当たり前の世の中になりました。

 

「副業」を認める会社が多くなり、大学卒業後の進路に「起業」を選択する学生も出てくるようになり、30代40代で脱サラして起業する友人が周りにもちらほら・・・。

 

大学を卒業した時には、自分が会社を起こすなんて選択肢に1ミリもなかったはずなのに、最近では「起業家」としての道も頭を過るようになったのではないでしょうか?

 

ところで、「起業」「起業」とは言いながらも、「起業したい」を「企業したい」と書いている人をよく見かけます。

 

漢字の書き間違えはよくあることですが、では、「起業家」と「企業家」の違いは分かっていますか??

 

「起業家」と「企業家」の違いについてみていきましょう。

 

「起業家」と「企業家」の違いは何?「経営者」という視点で考える

「起業家」と「企業家」の違いについて考える前に、「経営者(けいえいしゃ)」について考えます。

 

「経営者(けいえいしゃ)」は、組織の経営について責任を持つ者のことを指します。

 

そして、「経営者」の種類が、「起業家」「企業家」「事業家」「実業家」などに分かれています。

 

「起業家」と「企業家」の意味の違いは何?

「経営者」の種類を分類した時に「起業家」と「起業家」に分かれることが分かりました。

 

では、両者には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

起業家・・・自ら事業を起こす人

企業家・・・企業を起こす人、企業の経営に取り組む人

 

「起業家」はこういう人

「起業家」は、自ら事業を起こす=事業を立ち上げる人です。

 

いわゆる、0から1をつくります。

 

例)Aさんがインターネット上で、育休中の女性と会社をマッチングするサービスを提供する事業を起業した。

 

「企業家」はこういう人

企業家は、企業(会社)を起こし、発展させていくために新しいアイディアを考え、企業(会社)を発展させていく人です。

 

新製品を考えたり、経営の組織改革を行なったり、市場を拡大したり・・・常に革新を起こし、企業の発展に尽力していきます。

 

「社長=企業家」だけを指すのではなく、雇われている社員も企業家と呼ばれる場合もあります。

 

例)Bさんは、新しい会社に来てたった半年で企業家としての手腕を発揮し、技術革新による前年比150%の利益率を達成した。

 

「起業」は事業を起こすことであって会社を作ることではない

「起業」とは、事業を起こす人を指します。

 

つまり起業家は、事業を立ち上げている」という状態の実現を目指せば良いのです。

 

会社の有無に関係なく、事業を立ち上げていれば「起業」と言えるのです。

 

一方、企業家は企業(会社)を起こす人を指しますので、その点が「起業」と「企業」で大きく違います。

 

起業して成功すると、「企業家」に転じて経営者としての手腕を発揮する人もいますし、起業をしただけで、その後の展開については別の「企業家」任せる人もいます。

-一流ビジネスマンの情報収集
-

Copyright© 社名の由来 , 2020 All Rights Reserved.