2022年ラッキーカラーまとめ

運気を味方につける

2022年ラッキーカラー有名占い師まとめ!Dr.コパ・ゲッターズ飯田・星ひとみ・シウマ推奨の色

2022年のラッキーカラーを知っていると運勢アップにつながるだけじゃなくて、日々のお守りのようで安心することもありますよね。 勢いのある起業家さんや、何十年も続く企業の社長さんには、運気を味方につけている人も少なくありません。 より2022年を飛躍していくために、ラッキーカラーを取り入れたいものです。 2022年のラッキーカラーについて、有名占い師である、風水師Dr.コパさん、ゲッターズ飯田さん、星ひとみさん、琉球風水志シウマさんが発表しているカラーをまとめました。参考にしてくださいね♪ この記事の内容 ...

続きを読む

ゲッターズ飯田2022年占いランキング

運気を味方につける

2022年版!ゲッターズ飯田の全体運ランキングはコレ!開運方法や裏運気の過ごし方

ゲッターズ飯田さんが、2022年の全体運のランキングを発表しています。 新しい年を迎えると、占いや運勢がどうしても気になりますよね。 占いが当たると評判のゲッターズ飯田さんが発表している2022年の全体運の運勢のランキングをまとめるとともに、ランキングが下の方だったり、裏運気に入っていたりする場合の過ごし方もまとめましたので参考にしてくださいね。 ゲッターズ飯田さんはこれまでも、岡村隆史さんの結婚や大谷翔平さんの活躍を当てているすごい占い師さんなので、2022年の占い結果も気になりますね。   ...

続きを読む

個人事業税のクレジットカード払い・納税のクレカ手数料

一流ビジネスマンの情報収集

個人事業税のクレジットカード払いの手数料とポイント還元率はどっちが特か?

個人事業税の納付書が自宅に届きましたが、納付書と一緒に支払い方法に関する案内も入っていました。 東京都では個人事業税がクレジットカードで払えると書かれていたので「クレジットカード払いならすぐ払えて楽だし、ポイントも貯まるしラッキー!」と思っていたのですが、どうやら手数料がかかるとのこと。 そこで個人事業税の支払い手数料や、どのブランドのカードが使用できるのかなど、税金をクレジットカード払いする際に気になったあれこれをまとめていきたいと思います♪ (2021年12月29日現在の情報なので最新情報は国税の公式 ...

続きを読む

運気を味方につける

2022年版「一陽来復御守」貼る日や時間、タイミングは?貼る日を間違えた場合の対応方法まとめ

東京・早稲田にある「穴八幡神社(あなはちまんぐう)」の「一陽来復御守」は、貼る日、貼る時間、貼る方角がきっちり決まっています。 毎年、事前準備の重要性を感じる「一陽来復御守」は、貼る日が迫ってくると特に迷うのが貼る時間ではないでしょうか? 「一陽来復御守」は夜中の12時に貼るように言われていますが 貼る日になったばかりの夜中12時? それとも貼る日が終わって翌日に切り替わる夜中12時? どちらが正しいタイミングなのかで頭を抱えてしまいます ∑(゚д゚lll) そこで、この記事では、東京早稲田にある穴八幡神 ...

続きを読む

運気を味方につける

保存版【財布の風水】金運UPのデザイン・色・形は?選び方を知って開運!

お金の住まいである「お財布」は、風水では金運を左右する重要アイテムと考えられていて、デザインや色、形で運気が大きく変わっています。 風水に興味がない方でも、雑誌やテレビの特集で、金運アップにつながるお財布の選び方を気にしててしまうという声はよく聞きます。 デザインや色、形にこだわって、金運アップにつながるお財布で、金運に恵まれる自分になりましょう♪ (筆者が尊敬しているDr.コパさんのお財布風水を基準に記事をまとめています) この記事の内容 なぜお財布の風水で金運アップをするのか?金運が重要な理由【財布の ...

続きを読む



一流ビジネスマンの情報収集

32人抜きをした三井物産の社長の安永竜夫氏が語る「選ばれるリーダーの人物像」

「ごぼう抜き」というと何を想像しますか?

 

マラソンや競馬の中継などで聞くことが多い言葉ですが、

ビジネスの世界にも「ごぼう抜き」があるみたいです。

 

メディアでも話題になったのでご存知かもしれませんが、

32人抜きをして社長に抜擢された人がいます。

 

32人抜きってすごすぎて、もはや意味不明ですよね。

 

32人抜きをした三井物産株式会社の社長安永竜夫氏とは?

32人抜きをした人というのが、三井物産株式会社の社長に就任した安永竜夫(やすながたつお)氏です。

就任当時54歳。

 

それまで社長を務めていた飯島氏が、退任当時64歳ということを考えると、
三井物産株式会社は10歳も若い社長になったということです。

 

戦後の昭和34年に現在の三井物産株式会社として再スタートして以来、最年少の社長でもあります。

 

(出典:http://jp.reuters.com/article/vale-mitsui-mozambique-idJPKBN0JN2LY20141209)

 

三井物産株式会社は財閥系企業の1つです。

 

財閥系企業での執行役員からの抜擢は異例!!

年功序列重視の日本企業にとって新しいモデルになるのではないかと注目されています。

 

安永竜夫(やすながたつお)氏は、昭和58年に入社し、製油所の建設事業などに携わってきたそうです。

アジアやアメリカなど、世界中を股にかけてビジネスチャンスを追い求めた方です。

 

安永竜夫(やすながたつお)氏は40代になると、社内で“タフネゴシエーター(手ごわい交渉人)”と呼ばれるまでに評判を高めました。

安永さんが社長に抜擢されたのは、粘り強い交渉力と冷静な判断力が人事から評価されたからだといわれています。

 

32人抜きとは?三井物産の社長の安永竜夫氏の人物像から見る選ばれるリーダー

32人抜きをして三井物産株式会社の新社長として安永竜夫(やすながたつお)氏が抜擢されたことは、本当にすごいことだと思いますよね。

 

・・・思います・・・が、
その一方で、32人って何?!とも思いませんか?

 

32人って多すぎだと思うんです。

 

32人を抜いて抜擢されたということは、
少なくとも執行役員が32人よりも多く存在すということですもの。

 

三井物産株式会社の新社長として安永竜夫(やすながたつお)氏が32人抜きで抜擢されたのは、
飛び越えるだけの多くの役員がいたことの表れでもあります。

 

歴史ある大手商社や重厚長大産業の中には、今でも年功的意識が根強く残っている会社も多く存在します。
三井物産株式会社に限らず、取締役の多い企業はたくさんあるようです。

 

(出典:http://www.nhk.or.jp/keizai/kotoba/20150627.html)

 

安永竜夫(やすながたつお)氏はヒラの執行役員でしたが、32人もの執行幹部を抜いて新社長に抜擢されました。

そのため、取締役の一人は安永竜夫(やすながたつお)氏の名前が上がった際に、「安永?(誰それ?)」と聞き返したという逸話があります。

 

年功的意識が根強く残っている会社にとって、
「常務→専務→副社長→社長」
の順番どおりに役職が上がっていくことが当たり前という感覚なのでしょう。

 

それにしても、ついこの間まで自分自身より上の役職だった32人もの人がいるとなると、仕事がとてもやりにくいような気がしますが、32人抜きをするような人物は、そこに対する捉え方も凡人とは違います。

 

経済フロントライン(BS1)のインタビューの中で、安永竜夫(やすながたつお)氏はこのように語っていました。

 

「抜いた32人は、年上ですけど、目上ではないです。」と。

 

(出典:http://www.nhk.or.jp/keizai/kotoba/20150627.html)

 

部下が年上だから…とやりにくさを感じる方が一般的だと思いますが、
年齢なんかに翻弄されないのが、選ばれるリーダーとしての人格の高さなのでしょうね。

 

32人抜きをした三井物産の社長の安永竜夫氏が語る「選ばれるリーダーの人物像」

 
32人抜きをした三井物産の新社長、安永竜夫(やすながたつお)氏。
その安永竜夫氏がテレビのインタビューで、ご自身が選ばれた理由についてお話しされていました。

 

「なぜ、安永さんは、32人を抜いて社長になれたと思いますか?」
とのアナウンサーの質問に対し、

 

安永竜夫氏は、
目の前の仕事をしっかりやったからでしょう」
と答えていらっしゃいました。

 

目の前の仕事を、しっかりとやる。

 

”そんなことなの?そんなことだけで、本当にリーダーに選ばれるようになるの?”
と思ってしまいました。

 

ビジネスの中で、当たり前のことをしっかりとやれる人物が少ないのかもしれませんね。

 

おわりに

「32人抜き」と聞くと、一気に飛躍した部分だけに焦点を当ててしまいがちです。

 

ところが、そこへ至る過程は、実は、1つ1つ目の前の仕事を確実にこなしていくという小さなことの積み重ねのようです。

 

選ばれるリーダーになるための裏ワザは存在しない。
ただ、目の前の仕事をしっかりとこなしていくこと。
ということなんですよね。

 

確かに、目の前の仕事をしっかりやる人のことを、信頼しない人なんていませんものね。

 

安永竜夫(やすながたつお)氏が目の前の仕事をしっかりやることで、着実に信頼の積み重ねをしてきた結果が「32人抜き」という評価に繋がったのだと感じました。




-一流ビジネスマンの情報収集
-,

Copyright© 社名の由来 , 2022 All Rights Reserved.