運気を味方につける

風水で幸せになる屋根の色は?茶と緑の意味は?形や素材のおすすめは?

風水で屋根の色を決めようと思ったのですが、幸せになる屋根の色は何色なのでしょうか? 屋根の色で人気の高い茶色・緑色それぞれの風水の意味もチェックしてみましょう。 Dr.コパさんの風水を実践して約20年の私が、風水で幸せになる屋根の色や屋根の形、屋根の素材を調べてまとめていきたいと思います♪ もくじ 風水で幸せになる屋根の色は?茶と緑の意味は?その年のラッキーカラーや人気の高い茶色・緑色の屋根風水で幸せになる屋根の形は?とがった屋根の形平らな屋根の形大きすぎる屋根の形・小さすぎる屋根の形曲線のある屋根の形風 ...

続きを読む

運気を味方につける

2020年6月の運気のいい日は?風水で財布の使いはじめにおすすめの日は?

2020年6月の運気のいい日はいつなのでしょうか? どうせ行動を開始するのなら、6月の中でも運気のいい日に合わせたいですし、新しいお財布を使いはじめるのにおすすめの日から新財布に替えることで運気も味方につけることができます。 自分自身の運気をよくするために、運気のいい日を意識して行動していきたいですね。 もくじ 2020年6月の運気のいい日はいつ?2020年6月6日 芸事はじめ2020年6月15日2020年6月21日 夏至 新しい財布を使い始めよう!2020年6月30日 夏越の大祓(なごしのおおはらえ)2 ...

続きを読む

一流ビジネスマンの情報収集

2020年安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味は?コロナとの関係は?

安倍晋三内閣総理大臣は2020年4月中旬になると突如「緑の羽根」が胸元に付くようになりました。 「緑の羽根」はコロナと関係があるのか?という憶測も飛んでいるようですが本当の意味は何なのでしょうか? 気になったので、安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味を調べてみました! もくじ 2020年の安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」の意味は?「緑の羽根」と「赤い羽根」の関係は?2020年安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」へのみんなの感想は?安倍晋三内閣総理大臣の「緑の羽根」は何かのアピール?安倍晋三内閣総理大臣 ...

続きを読む

運気を味方につける

2020年の土用の日・期間と間日(まび)まとめ!土いじりダメな日とできる日

土用の日、土用の期間は土いじりをしてはいけないと言われますよね。 土用の期間は、土の神様のが支配すると考えられていて、土いじりをする(土を動かす)ことを不吉なことだとする慣わしがあるからです。 2020年の土用の日、土用の期間をしっかりと確認して、土いじり、ガーデイニング、家の新築、家の増改築、地鎮祭などと重ならないよいうに注意しましょう。 もくじ 2020年の土用の日・期間と間日(まび)まとめ!2020年春の土用の日・期間と間日(まび)2020年夏の土用の日・期間と間日(まび)2020年秋の土用の日・期 ...

続きを読む

財布布団

財布の置き場所が金運UPのカギ!鞄に入れっぱなしはNG風水だから気をつけて!

帰宅後の財布の置き場所はどうしていますか? 風水を意識して財布は買ったのに、財布の置き場所を作らずに鞄に入れっぱなしなんてことはないですよね?!?! 帰宅しても財布を入れっぱなしにせずに置き場所を作る風水をして金運UPにつなげていきましょう! もくじ 財布の置き場所が金運UPのカギ!鞄に入れっぱなしはNG風水だから気をつけて!財布の置き場所、財布の保管場所の作り方は?鞄に入れっぱなしから卒業金運UPにつながる財布の置き場所・保管場所はここ!帰宅後にするだけで金運UPにつながる財布風水帰宅後の財布風水1:不 ...

続きを読む



一流ビジネスマンの情報収集

32人抜きをした三井物産の社長の安永竜夫氏が語る「選ばれるリーダーの人物像」

「ごぼう抜き」というと何を想像しますか?

 

マラソンや競馬の中継などで聞くことが多い言葉ですが、

ビジネスの世界にも「ごぼう抜き」があるみたいです。

 

メディアでも話題になったのでご存知かもしれませんが、

32人抜きをして社長に抜擢された人がいます。

 

32人抜きってすごすぎて、もはや意味不明ですよね。

 

32人抜きをした三井物産株式会社の社長安永竜夫氏とは?

32人抜きをした人というのが、三井物産株式会社の社長に就任した安永竜夫(やすながたつお)氏です。

就任当時54歳。

 

それまで社長を務めていた飯島氏が、退任当時64歳ということを考えると、
三井物産株式会社は10歳も若い社長になったということです。

 

戦後の昭和34年に現在の三井物産株式会社として再スタートして以来、最年少の社長でもあります。

 

(出典:http://jp.reuters.com/article/vale-mitsui-mozambique-idJPKBN0JN2LY20141209)

 

三井物産株式会社は財閥系企業の1つです。

 

財閥系企業での執行役員からの抜擢は異例!!

年功序列重視の日本企業にとって新しいモデルになるのではないかと注目されています。

 

安永竜夫(やすながたつお)氏は、昭和58年に入社し、製油所の建設事業などに携わってきたそうです。

アジアやアメリカなど、世界中を股にかけてビジネスチャンスを追い求めた方です。

 

安永竜夫(やすながたつお)氏は40代になると、社内で“タフネゴシエーター(手ごわい交渉人)”と呼ばれるまでに評判を高めました。

安永さんが社長に抜擢されたのは、粘り強い交渉力と冷静な判断力が人事から評価されたからだといわれています。

 

32人抜きとは?三井物産の社長の安永竜夫氏の人物像から見る選ばれるリーダー

32人抜きをして三井物産株式会社の新社長として安永竜夫(やすながたつお)氏が抜擢されたことは、本当にすごいことだと思いますよね。

 

・・・思います・・・が、
その一方で、32人って何?!とも思いませんか?

 

32人って多すぎだと思うんです。

 

32人を抜いて抜擢されたということは、
少なくとも執行役員が32人よりも多く存在すということですもの。

 

三井物産株式会社の新社長として安永竜夫(やすながたつお)氏が32人抜きで抜擢されたのは、
飛び越えるだけの多くの役員がいたことの表れでもあります。

 

歴史ある大手商社や重厚長大産業の中には、今でも年功的意識が根強く残っている会社も多く存在します。
三井物産株式会社に限らず、取締役の多い企業はたくさんあるようです。

 

(出典:http://www.nhk.or.jp/keizai/kotoba/20150627.html)

 

安永竜夫(やすながたつお)氏はヒラの執行役員でしたが、32人もの執行幹部を抜いて新社長に抜擢されました。

そのため、取締役の一人は安永竜夫(やすながたつお)氏の名前が上がった際に、「安永?(誰それ?)」と聞き返したという逸話があります。

 

年功的意識が根強く残っている会社にとって、
「常務→専務→副社長→社長」
の順番どおりに役職が上がっていくことが当たり前という感覚なのでしょう。

 

それにしても、ついこの間まで自分自身より上の役職だった32人もの人がいるとなると、仕事がとてもやりにくいような気がしますが、32人抜きをするような人物は、そこに対する捉え方も凡人とは違います。

 

経済フロントライン(BS1)のインタビューの中で、安永竜夫(やすながたつお)氏はこのように語っていました。

 

「抜いた32人は、年上ですけど、目上ではないです。」と。

 

(出典:http://www.nhk.or.jp/keizai/kotoba/20150627.html)

 

部下が年上だから…とやりにくさを感じる方が一般的だと思いますが、
年齢なんかに翻弄されないのが、選ばれるリーダーとしての人格の高さなのでしょうね。

 

32人抜きをした三井物産の社長の安永竜夫氏が語る「選ばれるリーダーの人物像」

 
32人抜きをした三井物産の新社長、安永竜夫(やすながたつお)氏。
その安永竜夫氏がテレビのインタビューで、ご自身が選ばれた理由についてお話しされていました。

 

「なぜ、安永さんは、32人を抜いて社長になれたと思いますか?」
とのアナウンサーの質問に対し、

 

安永竜夫氏は、
目の前の仕事をしっかりやったからでしょう」
と答えていらっしゃいました。

 

目の前の仕事を、しっかりとやる。

 

”そんなことなの?そんなことだけで、本当にリーダーに選ばれるようになるの?”
と思ってしまいました。

 

ビジネスの中で、当たり前のことをしっかりとやれる人物が少ないのかもしれませんね。

 

おわりに

「32人抜き」と聞くと、一気に飛躍した部分だけに焦点を当ててしまいがちです。

 

ところが、そこへ至る過程は、実は、1つ1つ目の前の仕事を確実にこなしていくという小さなことの積み重ねのようです。

 

選ばれるリーダーになるための裏ワザは存在しない。
ただ、目の前の仕事をしっかりとこなしていくこと。
ということなんですよね。

 

確かに、目の前の仕事をしっかりやる人のことを、信頼しない人なんていませんものね。

 

安永竜夫(やすながたつお)氏が目の前の仕事をしっかりやることで、着実に信頼の積み重ねをしてきた結果が「32人抜き」という評価に繋がったのだと感じました。

-一流ビジネスマンの情報収集
-,

Copyright© 社名の由来 , 2020 All Rights Reserved.